慰謝料の相場

1 慰謝料の種類

  慰謝料は大きく分けると,死亡慰謝料,入通院慰謝料,後遺障害慰謝料の3種類があります。それぞれの相場は以下のとおりです。ただし,これはあくまでも相場であって,個々の事件の状況に応じて慰謝料の額に増減が生じることになります。

 

2 死亡慰謝料

  死亡慰謝料は交通事故で被害者が死亡した際に認められるもので,どのような立場の人が死亡したかによって,以下のとおりの相場となっています。 

・一家の支柱 2800万円

・母親,配偶者 2400万円

・その他(独身の男女,子供,幼児,高齢者等)2000万円から2200万円

 

3 入通院慰謝料

 傷害慰謝料については,原則として入通院期間に応じて一定の目安があります。

 それによると,例えば,1カ月通院であれば28万円,1カ月入院であれば53万円,1カ月の入院かつ1 カ月の通院であれば77万円とされています。

 もっとも,むち打ち症等の他覚症状がない場合には,同じ期間の入通院であっても,上記の例の金額よりも減額されます。

 入通院慰謝料につきましては,かなり細分化されておりますので,詳細は弁護士にお尋ねいただければと思います。

 

4 後遺障害慰謝料

(1) 後遺障害慰謝料は認定された後遺障害の等級(等級の認定方法については「後遺障害認定」のペー ジをご参照ください。)に応じて慰謝料額が異なります。

 また,本人に重度の後遺障害が残った場合には,本人とは別に近親者にも慰謝料請求権が認められることがあります。

(2) 被害者本人の後遺障害慰謝料

第1級  2800万円

第2級  2370万円

第3級  1990万円

第4級  1670万円

第5級  1400万円

第6級  1180万円

第7級  1000万円

第8級  830万円

第9級  690万円

第10級 550万円

第11級 420万円

第12級 290万円

第13級 180万円

第14級 110万円

(3) 近親者の慰謝料

 近親者には配偶者,子,親などが含まれます。

 近親者の慰謝料は,事故に遭った本人の後遺障害認定等級に応じて,以下のとおりの相場となっています。

第1級 600〜800万円程度

第2級 400〜500万円程度

第3級 200万円程度

第4級 200万円程度

第5級から第7級 100万円程度

第8級から第14級 原則認められません。

▲このページのトップに戻る